レンタカーの福祉車両で高速道路を走行する場合

main-img

いつもマイカーとして福祉車両を乗り回しているという人であっても、遠出の旅行をする場合などには、さらに大型でグレードの高い自動車のほうが、疲れやストレスなく運転ができるので便利なものです。


そこで、こうした特別な機会に限って、マイカーとは別の福祉車両をレンタカーとして借り上げるというのも、有効な選択肢のひとつであるといえます。

このような場合ですが、もしも高速道路、その他の有料になっている高規格道路をレンタカーの福祉車両で走行するのであれば、いつものように料金の減免が適用されることにはなりませんので、注意をしておかなければなりません。

福祉車両のリース情報サイトの利用価値をご存知ですか。

高速道路や有料道路の走行料金の減免を受けるにあたっては、市町村役場の障害福祉課や福祉事務所などの窓口に申請をして、身体障害者手帳や療育手帳などにその旨の記載をしてもらわなければなりません。

マイナビニュースなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

自動料金収受システムを使用している場合には、さらに車載器およびナンバープレートの番号をセンターに登録をする必要も生じてきます。



こうしたことから、レンタカーのように一時的に使用する車両の場合、あらかじめ申請をした車両のナンバープレートの番号などとは異なってきてしまいますので、減免が受けられないというわけです。
福祉車両をはじめ、身体障害者などが日常的に利用する車両の減免措置は、道路行政を所管している国土交通省の自動車交通局が発出した通知にもとづくものですので、道路を管理している会社が違っていたとしても、ほとんどの高速道路や有料道路で同様の取り扱いとなっています。


わかりやすい情報

subpage1

一般的なレンタカーといえば、駅前や繁華街などに店舗をかまえていて、予約が空いていれば、免許証を提示して本人確認をするとともに、利用する時間や保険などのオプションのサービスを決定して、気軽に好きな自動車を選んで乗り回すことができるものです。車検などのために一時的にマイカーが手元にないという場合や、遠隔地に旅行をしている最中にドライブを楽しみたいといった場合には、かなり重宝するサービスであるといえるでしょう。...

more

福祉の情報まとめ

subpage2

レンタカーとして選択ができる車種にはさまざまなものがあります。一般にはセダンタイプの乗用車ですが、いわゆるコンパクトカーや軽自動車なども、市街地を走る分にはそれほど快適性に問題はなく、料金的にも安価であるために人気があります。...

more

ためになる情報

subpage3

デイサービスやショートステイなどで使用する福祉車両は、事業所によっては空きがないときがあり得ます。福祉車両ですから、場合によっては税金等が免除される場合があるにせよ、利用者の数と運転手等の兼ね合いでいつも配備しておくことが出来ないケースがあり得ます。...

more

福祉入門

subpage4

提携先を決める際は、福祉車両があるかどうかが鍵となります。レンタカー会社でレンタルできる車両には、妊婦または高齢な方への負担を軽減させる福祉車両があり、インターネットを利用して簡単に申し込むことが可能となっています。...

more